クロノレガリア

◆対戦ゲーム、カードゲーム、RPGのようなストーリーなど、ジャンルの枠を超えた“ノンジャンルバトル”を楽しむオンライン対戦バトルゲーム。
◆プレイヤーは時の神クロノスとなり、6人のキャラの中から4人を選びパーティを編成。リアルタイムに戦況を見極めながらユニットを指揮し、相手プレイヤーにダメージを与え勝利を目指す。
◆各ユニットは6枚のカードを持たせることができ、稼働時には200種類以上のカードを用意。カード購入やキャラクターカスタマイズを行うショップ機能を搭載するほか、ターミナルでは店舗内でのコミュニティを盛り上げる機能を搭載。コラボ・大会・ファンイベントなど、プレイヤーのモチベーションを向上させる数々の運営施策でコミュニティを盛り上げる。


■今冬稼働予定
セガ・インタラクティブ
■サイズ/W801×D737×H2,286mm(サテライト)
■重量/135.5kg
■消費電力/340W(AC100V)

©SEGA
 


WCCF FOOTISTA 2019

◆サッカーカードゲームの最高峰「WCCF」シリーズ最新作が、スタジアムをイメージした新筐体へと生まれ変わって登場。
◆従来の基本的なシステムはそのまま、Unreal Engine4を使用した精緻なグラフィック、各サテライト筐体でプリントする新カードデザイン、ターミナルを介した選手獲得や大会モードなど、様々な面で大幅に進化。
◆新たなゲームシステムには「ホットライン」「マンマーク」「スキル」が登場し、自チームの連携強化、相手チームの分断など、試合の駆け引きを左右する新要素が追加。
◆旧バージョンのカードも、新筐体で使用できるよう順次対応予定。また、試合前の選手獲得で、すでに所有している選手をプリントせず、スカウトチケットに変更することも可能に。


■来春稼働予定
セガ・インタラクティブ 
■サイズ/W1,200×D700×H1,500o
■重量/130kg
■消費電力/50W

©SEGA
 


UFO CATCHER Duet

◆コンパクトなボディーに便利な機能を満載した2段4ブースの「UFOキャッチャー(R)」シリーズ最新作。
◆「UFO9」シリーズの1/2サイズながら、上下2段にフィールドスペースを設けた3本アームのクレーンゲーム機。新UFOメカは約5〜20pのプライズに対応し、アーム爪などを「UFO9」シリーズと共通で使うことも可能。LEDのイルミネーションもシリーズ機と連動できる。
◆オプションキットのセンタースロープを使うとフィールド内のブースを左右に分けることができる。さらにセンタースロープには収納機能を備え、省スペースながら使い勝手抜群。
◆ゲームの状態確認や設定は、下段取り出し口の右横にタッチパネルを設置。かんたん設定でアルバイトスタッフでも作業しやすくなっている。


■10月稼働予定
セガ・インタラクティブ
■サイズ/W845×D755×H2,000mm

©SEGA